ブログ

讃岐の1月は、年明けうどん!!

もうすぐ、2月でございますね!皆さま如何お過ごしになられてますでしょうか?

1月を振り返ってみますと慌ただしさの中にも印象深い出来事がありました。そのひとつが、【年明けうどん】です。

創業3年目の集大成と意味付け、個人的に意気込みまして開発を開始するも、なかなかピーんと来るアイデアが生まれません。

なぜなら、年明けうどんは、年数を重ねるほど認知度は向上し、登場する商品は、みなよく似たものになっている印象を受けていたからです。

より個性的で独創的な特徴を表現したい、、、

そんな矢先、ピピピーと。ひとつのアイデアが生まれました!

香川県民のソウルフードである讃岐うどんと東かがわ市民のソウルフードである渦巻き餅のコラボレーション★★★

香川県では、全国的に珍しいあん餅雑煮が一部の地域で食べられている事、年明けうどんのなかには、あん餅をトッピングした商品が存在すると言う事実も大きなヒントになりました。

思い立ちペンを走らせイメージを膨らませました。

東かがわ市は引田にて、渦巻き餅を受注生産されています筒井光月堂さまにご協力頂き、1月5日〜15日まで、数量限定販売致しました。

今回の新商品開発を通して、地域のお宝を発掘し、地域への想いを再認識するとともに、新年の縁起の良いおうどんとして、お立ち寄り下さる皆さまにご紹介できた事を嬉しく、誇りに思います。

来年の年明けうどんは、どのような容姿味わいに出来上がるのか今から楽しみであります。  (タツロ)